脱毛は日焼けをしたらダメ?程度やレベルは?休止期間は?

脱毛をするときは日焼けをしてたらダメ!という話を聞いたことがある人も多いと思います。

実際に脱毛期間中には日焼けをしてはいけないのでしょうか?

日焼けの程度や日焼けのレベルは?

日焼けをしてしまった場合の休止の期間は?など

今回は脱毛と日焼けの関係を紹介します。

 

日焼けをすると脱毛することができない?

日焼けをしていたら脱毛できない。という話を聞いたことがあると思います。

実際に日焼けをすると脱毛をすることはできないのでしょうか?

 

結論からいうと、
日焼けしていると脱毛の効果が薄くなったり脱毛自体を断るサロンも多くあります。

ではなぜ日焼けをしていると脱毛の効果が薄くなったり、脱毛自体できないサロンがあるのでしょうか?

 

脱毛に日焼けが良くない理由は?

多くの脱毛サロンで採用されている脱毛方法は『光脱毛』という脱毛方法。

 

簡単にいうと光脱毛とは、
光を肌に当てることで毛根にあるメラニン(黒色の色素)に反応を促し、
毛の再生させる働きを弱めムダ毛を減らしていきます。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)はメラニン(黒色の色素)に反応して光を照射するので、
日焼けをして黒くなってしまった肌にも反応をしてしまいます。

 

脱毛をする光が日焼けした肌にも反応をしてしまうので、
光が分散されてしまうので脱毛の効果が弱まってしまいます。

 

また日焼けの肌へ反応するので痛みが少ない光脱毛でも痛みを感じることがあります。

 

日焼けをしている肌は肌が火傷を起こしている状態で、
肌表面の細胞が傷ついて乾燥しています。

 

日焼けをしている状態での脱毛は肌にも光が反応指定しまうので肌トラブルを起こす可能性もあります。

 

多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛は、
脱毛時の日焼けに様々な影響があるので日焼けをしないように注意を促したり、脱毛を断ることもあります。

 

脱毛後も日焼け対策は重要です。

脱毛後の肌は普段の肌よりも敏感になっているので紫外線の影響を受けやすくなっています。

 

脱毛に日焼けがダメな理由
◆メラニン(黒色の色素)に反応する光脱毛は日焼けした黒い肌にも反応してします。

◆脱毛の光が分散されてしまい脱毛効果が弱まる。

◆日焼けした肌にも光が反応するので痛みを感じることがある。

◆肌トラブルを起こすことがある。

◆脱毛後は肌が敏感になっているので脱毛後も日焼け対策は必要

 

 

どのくらいの日焼け程度・レベルだと脱毛できないのか?

どのくらいの日焼けをすると脱毛ができなくなるのかはサロンによって異なりますが

上記の画像の「地黒・日焼けサロンや濃い日焼けの色」くらいまで日焼けをしてしまうと脱毛ができない場合が多いです。

また「赤く日焼けした色」も肌がやけどをしている状態になるので治るまで脱毛をすることができません。

 

一般的にTシャツで隠れていた部分と陽が当たっていた部分の色がはっきりと色が変わっているレベルの日焼けは施術できない場合が多いです。

 

ただどのくらいの日焼けで脱毛ができないのかは脱毛サロンによって異なるので、
日焼けをしてしまってもサロンで一度カウンセリングを行ってみましょう。

 

もし日焼けしてしまった場合の脱毛の休止期間は?

多くの脱毛サロンでは、
日焼けをしている場合多くのサロンで脱毛の効果が弱くなる、脱毛ができない。と紹介しました。

 

脱毛サロンに通っている間は日焼けが重要になります。

特に施術をする2週間前後はしっかりとした日焼け対策をするようにしましょう!

 

 

しかし、
もし日焼けをしてしまった場合どれくらいの間脱毛ができなくなるのでしょうか?

 

もちろん日焼けの度合いにもよりますが、
一般的には2ヶ月〜3ヶ月は脱毛の休止期間になってしまいます。

 

少し赤くなってすぐに日焼けが治るくらいであれば早く施術ができることもありますが、ビーチなどで真っ黒に日焼けをしてしまった場合はもっと脱毛の休止期間が延びる場合もあります。

 

日焼けをしていても脱毛できるサロンがある

上記では日焼けをしていると脱毛の効果が弱くなる。
脱毛ができないサロンが多い。と紹介しました。

しかしサロンによって施術方法が異なり日焼けをしていても脱毛できるサロンもあります。

 

SHR脱毛・ハイパースキン脱毛は日焼けでも可能

 

脱毛サロンは主に光脱毛(フラッシュ脱毛)が採用されています。

 

光脱毛は大きく分けて、
「SSC脱毛」「IPL脱毛」「SHR脱毛」「ハイパースキン脱毛」の4種類に種類があります。

 

その4種類の脱毛方法の中で「SHR脱毛」「ハイパースキン脱毛」は日焼けをしていても脱毛が可能な脱毛方法になります。

 

簡単にいうと、
SHR脱毛とハイパースキン脱毛は肌の色に反応しない脱毛方法なので日焼けや地黒の肌でも脱毛をすることができます。

 

逆に「SSC脱毛」「IPL脱毛」は肌の黒い色にも反応してしまう脱毛方法なので日焼けをしている人は脱毛をすることができないことがあります。

 

外で仕事やスポーツなどをする機会が多くどうしても日焼けをしてしまう人や、
地黒の人は「SHR脱毛」か「ハイパースキン脱毛」を採用しているサロンを選ぶようにしましょう。

日焼けと脱毛の関係まとめ

  • 光脱毛はメラニンに反応するので日焼けの肌にも反応してしまう。

 

  • 日焼けの肌に反応し光が分散することで脱毛の効果が弱くなる

 

  • 日焼けの肌に反応することで脱毛時に痛みを感じることがある

 

  • 光が肌にも反応し肌トラブルが起きることがある

 

  • 脱毛後は肌が敏感になるので脱毛後も日焼け対策は必要

 

  • 日焼けした部位としてない部位がはっきりわかるかが一般できな基準

 

  • 日焼けをしてしまったら2ヶ月〜3ヶ月の脱毛を休止しなくてはいけなくなることがある

 

  • 施術2週間前後は特に日焼けに注意をする

 

  • SHR脱毛/ハイパースキン脱毛を採用しているサロンは日焼けでも脱毛可能

 

まとめ

今回は脱毛時に日焼けをしたらダメなのか?など日焼けと脱毛の関係を紹介しました。

脱毛サロンで主に採用されている光脱毛はメラニンに反応をして脱毛をする方法になりるので日焼けをしてしまった黒い肌にも反応してしまいます。

肌に光が反応をすると脱毛の効果が弱くなったり、痛みを感じたり、肌トラブルが起きることがあります。

脱毛サロンでもカウンセリング時に説明があるのでしっかり聞いておくようにしましょう!

またサロンによっては日焼けをしていても脱毛可能な施術方法を採用しているサロンもあります。

外で仕事やよくスポーツをする人などは日焼けでも脱毛可能なサロンを検討してみましょう!

おすすめの記事