家庭用脱毛機の種類や特徴は?それぞれのメリットやデメリットは?

今家庭用脱毛器は様々な商品が発売され、
カミソリなどの自己処理つ比べて綺麗に無駄毛を処理することができます。

家庭用脱毛器にも商品によって施術方法が異なります。

今回家庭用脱毛器に採用されている脱毛方法の種類やその特徴、
それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

家庭用脱毛器の種類は?

今は家庭用脱毛器は様々なメーカーから様々な種類が販売されています。

 

家庭用脱毛器とひとつに言っても、
家庭用脱毛器にはいくつかの脱毛方法があり、
商品によって脱毛方法が異なります。

 

家庭用脱毛器には大きく分けて、

【フラッシュ式】

【レーザー式】

【熱線式(サーミコン式)

【ローラー式(脱毛シェーバー)】

があります。

 

それぞれの脱毛方法には、
それぞれの特徴があり、
もちろんメリット・デメリットもあります。

 

今回はこの4つの家庭用脱毛器の脱毛方法を紹介します。

 

 

フラッシュ式の特徴

様々なメーカーから発売されており、
種類も豊富な「フラッシュ式」

 

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、

毛のメラニン色素(黒い色)に反応する特殊な光を照射し脱毛する方法。

光の熱でダメージを与え毛根を破壊し、
徐々に無駄毛を減らしていきます。

 

 

フラッシュ式は、
脱毛サロンなどもでもよく使われる方法で、
家庭でも使用できるように脱毛サロンより出力が弱くなっています。

 

 

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、
痛みが少なく、照射面積(光が当たる範囲)が広いので、
1回の処理時間が短く、照射回数も少なく済みます。

 

また肌への負担も少なく、
敏感肌の方でも使えるものが多いです。

 

 

家庭用脱毛器の中でもフラッシュ式はとても使いやすく、
家庭用脱毛器を使うのが初めての人でも安心して利用することができます。

 

 

脱毛サロンで使用されるものよりも、
出力がかなり弱くなっているので効果を実感できるまでに時間がかかりますが、
効果を実感するまでに時間がかかるだけで、
しっかりとした脱毛効果を感じることができます。

 

特にアンダーヘアなど太い毛は、
効果感じるまで時間も回数も多くなります。

 

基本的には全身に利用できますが、
商品によってはデリケートゾーンの使用は避けるよう記載してるものもあるので、
デリケートゾーンでも使用したい場合はしっかり確認するようにしましょう。

 

フラッシュ式の家庭用脱毛器は様々な商品が発売されており、
あまりにも安価なものやノーメーカーのものは効果がほとんどないなんてこともあるので、
しっかりと調べて購入する必要があります。

 

フラッシュ式の詳細はこちらの記事をチェック

 

フラッシュ式とレーザー式の違い詳細

 

 

フラッシュ式のメリット・デメリット

 

フラッシュ式のメリット
✔︎痛みが少ない

 

✔︎照射面積が広いので1回の処理時間が短く、回数も少なく済む

 

✔︎とても使いやすく初めての方にもおすすめ

 

✔︎しっかりとした脱毛効果を感じることができる

 

✔︎肌への刺激が少ない

 

✔︎様々な商品が販売されている。

フラッシュ式のデメリット
✔︎料金が高い

 

✔︎脱毛効果を感じるまで時間がかかる

 

✔︎様々な商品が発売されているので選ぶのが大変

 

✔︎安価なものやノーメーカーなど効果がない商品もある

 

フラッシュ式はこんな人におすすめ!
✔︎家庭用脱毛器を初めて利用する人
✔︎痛みが苦手な人
✔︎敏感肌で肌に負担がないものがいい人
✔︎めんどくさがりな人

 

 

 

レーザー式の特徴

レーザー式は、
毛のメラニン色素(黒い色)に反応する特殊光を当て、
毛を育てる毛乳頭にダメージを与えて脱毛する方法。

 

レーザー式は医療脱毛でも使用される脱毛方法で、
家庭用にかなり弱くされています。

 

そんなレーザー式は、
家庭用脱毛器では最も脱毛効果が高い種類になります!

 

上記で紹介したフラッシュ脱毛より効果が現れるのが早く、
アンダーヘアなどの太い毛にも高い効果があります。

レーザー式の照射範囲は狭く、
1回の処理に時間がかかります。

 

また、
レーザー式は痛みが強いです。

出力レベルを変更できる商品もありますが、
それでも結構痛みを感じます。

 

特にアンダーヘアのような太い毛はかなり痛いです。

 

レーザー式は、
効果は高く、効果が出るのが早いですが、
照射範囲が狭く1回の処理時間が長く痛みがあるというデメリットがあります。

 

 

レーザー式の詳細はこちらの記事をチェック

 

レーザー式のおすすめ商品

 

フラッシュ式とレーザー式の違い詳細

 

レーザー式のメリット・デメリット

 

レーザー式のメリット
✔︎家庭用脱毛器の中で最も効果が高い

 

✔︎自分に合わなかった場合返金保証などの商品がある

 

✔︎自己処理より肌への負担が少ない

レーザー式のデメリット
✔︎照射範囲が狭く1回の処理に時間がかかる

 

✔︎痛みが強い

 

✔︎フラッシュ式より商品が少ない

 

レーザー式がおすすめな人!
✔︎効果が最も高いものがいい人
✔︎痛みを我慢できる人
✔︎返金保証を利用したい人

 

 

熱線式の特徴(サーミコン式)

熱線式は「サーミコン式」とも呼ばれています。

 

上記で紹介した、
フラッシュ式やレーザー式の用の光を当てて脱毛する方法ではなく、
脱毛器のヘッドに内蔵されている熱線を使いムダ毛を焼き切る処理方法になります。

 

熱線式は脱毛というよりは、除毛になります。

 

熱線式は、
フラッシュ式、レーザー式よりも安価な商品が多く、コンパクトで持ち運びしやすいのが特徴!

 

毛を焼き切る方法になるので、
カミソリなどで処理したような不快なチクチク感もありません。

 

カミソリなどよりも綺麗にムダ毛を処理することができます。

 

使用方法も比較的簡単で気軽に無駄毛を処理することもできます。

 

 

熱線式は、
毛を焼き払う処理方法になるので、
ムダ毛の復活が早いというデメリットもあります。

 

熱の部分が直接肌に触れてしまうと、
火傷をしてしまうというリスクもあります。

 

商品によって、
VIOライン、顔などが脱毛できないものが多く、
また脇などカーブのきつい部位などはうまく処理できない商品も多くあります。

 

全身に使えるというよりは、
脚や腕などの平坦で処理しやすところに使うと考えた方が無難です。

 

熱線式の詳細はこちら!

 

 

熱線式(サーミコン式)のメリット・デメリット

 

熱線式(サーミコン式)のメリット
✔︎フラッシュ式/レーザー式より安価

 

✔︎コンパクトで持ち運びしやすい

 

✔︎カミソリで処理したようなチクチク感がない

熱線式(サーミコン式)のデメリット
✔︎ムダ毛の復活が通常の自己処理のように早い

 

✔︎火傷のリスクがある

 

✔︎商品によって使える部位が限られる

 

熱線式はこんな人におすすめ!
✔︎手軽に処理できる脱毛器が欲しい
✔︎ムダ毛のチクチク感が嫌な人
✔︎安いものが欲しい人

 

 

ローラー式(脱毛シャーバー)の特徴

ローラー式脱毛器は、
毛を挟んで抜いていく処理方法。

 

毛を抜いて処理するので『脱毛シェーバー』とも呼ばれることがあります。

 

脱毛器を肌の上で滑らせるように動かし、
広範囲の毛を一気に処理することが可能です。

 

毛を抜く処理方法になるので、
カミソリでの自己処理よりムダ毛の復活が遅いです。

 

またコンパクトな商品が多く、
手軽に利用できるので旅行先で使用することもできます。

 

しかし、
ローラー式は毛を抜く処理方法になるので、
痛みがあり、肌への負担も大きいです。

 

使用し続けることによって肌トラブルへつながる可能性もあります。

 

またムダ毛を処理したてのまだまだ短い毛は抜くことができない商品も多いため、
ある程度ムダ毛が伸びていない状態ではないとしっかりとした効果を発揮しないものもあります。

 

 

ローラー式の詳細はこちらの記事をチェック

 

ローラー式脱毛器おすすめランキング

 

ローラー式のメリット・デメリット

 

ローラー式のメリット
✔︎手軽で簡単に広範囲を処理することができる。

 

✔︎比較的安いものが多い

 

✔︎コンパクトで旅行にも持っていくことができる

ローラー式のデメリット
✔︎毛を抜く方法なので痛みがある

 

✔︎肌への負担がある

 

✔︎使用し続けることによって肌トラブルへつながることも

 

✔︎ある程度無駄毛が伸びていないとうまくできないものも多い

 

ローラー式がおすすめな人!
✔︎痛みに強い人
✔︎簡単に広範囲を処理したい人

 

 

家庭用脱毛器の種類や特徴まとめ

 

フラッシュ式の特徴まとめ
✔︎毛のメラニン色素に反応する光で脱毛する方法。

✔︎脱毛サロンなどで使用されているものの家庭用バージョン

✔︎広範囲を脱毛でき痛みも少ない

✔︎肌への負担が少ない

✔︎料金が高い

✔︎レーザー式より効果を感じるのに時間がかかる

レーザー式の特徴まとめ
✔︎毛のメラニン色素に反応する光を当て、毛を育てる毛乳頭にダメージを与え脱毛する方法。

✔︎医療脱毛などで利用される脱毛方法の家庭用バージョン

✔︎家庭用脱毛器で最も効果が高い

✔︎フラッシュ式より早く効果を感じられる

✔︎照射範囲が狭い

✔︎痛みが強い

熱線式(サーミコン式)の特徴まとめ
✔︎熱線を使い無駄毛を焼き切る処理方法

✔︎カミソリで処理したようなチクチク感がない

✔︎カミソリなどの自己処理より綺麗に処理できる

✔︎ムダ毛の復活が早い

✔︎火傷のリスクがある

✔︎全身に使用できるというより、脚や腕など処理しやすい箇所しか使えない商品が多い

ローラー式の特徴まとめ
✔︎毛を挟んで抜いていく処理方法

✔︎コンパクトなものが多く持ち運びしやすい

✔︎毛を抜くのでムダ毛の復活が熱線式より遅い

✔︎手軽に使用できる

✔︎痛みが強い

✔︎使用し続けることで肌トラブルの原因になることも

✔︎ある程度ムダ毛が伸びていないとうまくいかない商品もある

 

大きく分けると、

脱毛サロンや医療脱毛でも使用され、
家庭用に出力が弱くなっている
「フラッシュ式」「レーザー式」

 

上記に比べ、
脱毛ではなく除毛の効果がある
「熱線式」と「ローラー式」に分けられます。

 

フラッシュ式、レーザー式は脱毛サロンなどでも使用されるので、
高価なものが多い反面、脱毛効果が高いです。

 

逆に熱線式、ローラー式は、
安価なものが多いですが、あくまで除毛になります。

 

 

まとめ

今回は家庭用脱毛器の種類やその特徴、メリット・デメリットを紹介しました。

家庭用脱毛器には主に4つの種類があり、
それぞれの特徴があり、メリット・デメリットもあります。

 

家庭用脱毛器が初めてで、
脱毛の効果を感じたい人は使いやすい「フラッシュ式」がおすすめ。

 

しかし、
高価なものが多く、脱毛サロンに行ってしまった方が安い場合もあるので、
しっかり見比べて選択するようにしましょう。

 

それぞれの特徴を見比べて自分に合った家庭用脱毛器を選んできましょう!

おすすめの記事