背中の産毛を自己処理する方法は?剃り方は?除毛クリームがおすすめ?

夏など薄着になる際に気になるのが背中の産毛。

手が届かず肉眼では確認することができないのでうまく自己処理できな人も多いと思います。

背中の産毛はどう自己処理すればいいのでしょうか?

背中の産毛の剃り方は?除毛クリームがおすすめ?など

今回は背中の産毛の自己処理の方法を紹介!

 

背中の産毛を自己処理する方法

夏場など薄着になる季節に気になるのが背中の産毛。

目が届かないとこなので自己処理するにはとても大変な部分になるます。

誰かに処理をお願いすればいいのですが現実的に毎回お願いするわけにもいきません。

今回はそんな背中の産毛を自己処理する方法を紹介します。

 

背中の産毛をする際の注意点

背中の産毛を処理する際に多くの方が利用しているのがカミソリだと思います。

しかし目の届かない、手が届きにくいところなのでなかなか難しいです。

手を伸ばすのが精一杯で力の加減が難しく、鏡を見ながら剃ってもどうしても剃り残しが残ってしまいます。

また手が届きにくく目の届かない場所なので怪我をする可能性も高くなります。

背中には老廃物を出す毛穴もあります。

もし傷ができてしまうと殺菌感染の可能も出てきます。

背中の毛をカミソリで処理する際は注意が必要です。

またカミソリで背中の毛を処理する際はセーフティーガードが付いたものを利用するようにしましょう。

 

背中にニキビや傷がある人は肌に負担をかけ悪化する原因になってしまうのでその場合は背中の毛の処理はしないようにしましょう。

 

 

背中の毛の剃り方!

実際にカミソリで背中の毛を処理する場合どう処理する手順を紹介します!

 

少し大きめの手鏡を用意しましょう!

お風呂場の大きな鏡と手鏡を合わせ鏡にして自分の背中のムダ毛の量や傷やニキビがないかを確認します。

 

できるだけ背中にシェービングクリームを塗り力を入れずに優しく手の届く範囲で無理をせず剃っていきます。

どうしても手が届かない場所が出てきますが無理をせずに諦めるのも一つのてです。

背中の毛を剃る手順

❶合わせ鏡で背中の毛の量や傷やニキビがないか確認する。

❷できるだけシェービングクリームを背中に付ける。

❸手の届く範囲で力を入れないで優しくなぞるように毛を剃る

❹どうしても手が届かない箇所は無理をせずに諦めることも重要!

❺処理後は保湿などしっかりケアを行う。

 

特に背中の毛が濃い方はカミソリでせなあを剃ると剃り残しが目立ってしまいます。

そんな時は、下記で紹介する背中の毛の処理方法を参考に対策していきましょう。

 

 

電気シェーバー/背中専用のカミソリ

背中の毛を処理する際は安全面や肌への負担を考えると電気シェーバーがおすすめ。

通常の電気シェーバは短いものが多いので、カミソリより手の届かない箇所が多く剃り残しが多くなります。

 

しかし今は背中用の柄の長い【背中用の電気シェーバー】や【背中用カミソリ】も販売されています。

 

背中用の電気シェーバーで安いものは5,000円前後。

背中用のカミソリで1,000円前後で購入することができます。

背中用の電気シェーバーがおすすめですが、お財布と相談して背中用に一つ背中用のカミソリか電気シェーバーを購入しておくのもオススメです!

 

除毛クリームで背中の毛を処理する

除毛クリームももちろん背中の毛の処理に利用することができます。

除毛クリームは簡単にいうと塗ることで毛を溶かしムダ毛を処理できるというアイテム。

除毛クリームを塗り数分待ち洗い流すとムダ毛を処理することができます。

除毛クリームはカミソリと比べるとクリームを塗る時間と待つ時間があるのでシェービングと比べると少し手間はかかってしまいます。

また通常のカミソリ同様どうしても手が届かない部分が出てくるので剃り残しが出てしまう欠点もあります。

 

除毛クリームで背中の毛を処理する手順

❶髪にクリームが付かない用に結ぶ

❷乾いた背中に除毛クリームをつける

❸説明書通りの時間を守り数分待つ

❹クリームを洗い流す

❺処理後は保湿などしっかりケアを行う

背中に傷やニキビがある方は炎症を起こすこともあるため使用を避けるのが無難です。

また肌が弱い方などは説明書に従いパッチテストを行うようにしましょう。

 

脱毛テープやワックスシートは剃るより肌に負担がかかる

背中の毛は広範囲なため大きめの脱毛シートやワックスシートで一気に処理してしまうという方法もあります。

脱毛テープは毛を抜く処理方法になります。

なので効果が長持ちで小さな産毛もしっかり処理できるので綺麗な仕上がりになります。

しかし毛を一気に抜く脱毛テープはシェービングよりも肌への負担が大きいです。

使用後は必ず保湿などのアフターケアをするようにしましょう。

面倒な場合の数回はいいかもしれませんが何度も続けると肌へのトラブルになる場合があるので基本的にはあまりおすすめできない方法です。

 

 

背中の産毛をとるボディタオルの効果は?

ボディタオル(体を洗うタオル)で背中の産毛を処理できるという商品もあります。

しかしそのような商品の実際の効果はどうなのでしょうか?

もちろん効果がある商品もあるのかもしれませんが、
レビューを見ると効果を感じられなかったというレレビューがとても多くあるのでムダ毛を処理する効果はあまり期待できません。

しっかり背中の毛を処理したい方は同じ金額を出すにしても背中用のカミソリを購入する方がおすすめです。

 

背中の毛を自己処理するのには結局何がおすすめ?

上記では背中の毛を自己処理する方法をいくつか紹介しました。

結局線中の毛を自己処理する場合は何がいいのでしょうか?

 

1番のおすすめが【背中用の電気シェーバー】が1番おすすめです。

次いで【背中用のカミソリ】がおすすめ。

柄が長くなっている背中用のシェーバーは他の自己処理では手が届かない部分にも手が届きます。

背中を自己処理する際は簡単に手が届く範囲は使い慣れたシェーバーで処理をして、
手が届きづらい箇所は背中用のシェーバーを利用するのがおすすめです。

 

電気シェーバーの方が肌の負担や安全面を考えてもおすすめなのですが、5,000円前後するので自分の財布との相談になると思います。

背中用のカミソリであれば1,000円前後で購入できるので背中の毛が気になる方は一つ用意しておくのがおすすめです!

背中の毛の自己処理におすすめなのは?

背中用の電気シェーバーがおすすめ!

しかし5,000円前後の値段がするので、
1,000円前後で購入できる背中用のカミソリもおすすめ!

 

シェーバーやカミソリで剃ることで一つ気になるのが「ムダ毛を剃ると濃くなるのか?」ということ。

ムダ毛を剃ると濃くなるという噂は本当なのか?

 

 

その他様々な部位の処理方法

今回は背中の毛を自己処理する方法を紹介しました。

他にも様々な部位の自己処理方法を紹介しているのでぜひ参考に!

 

まとめ

今回は背中の毛を自己処理する方法を紹介しました。

目につかず手が届きにくい箇所でもある背中は他の人に処理を手伝ってもらうのが一番の方法になります。

しかし毎回他に人にお願いするわけにもいかなく自己処理をするしかないことがほとんどだと思います。

今は背中用の柄がながいシェーバーが売っています。

背中用電気シェーバーで5,000円前後。

背中用カミソリで1,000円前後で購入することができます。

背中の毛が気になり自己処理をする方は購入を考えてみてましょう!

こんにちは
おすすめの記事