Vラインの自己処理方法・やり方を紹介!形や長さは?カミソリやハサミは?

Vライン(アンダーヘア)を処理したことがないと言う人は意外と多い思います。

脱毛サロンで綺麗にしてもらうのが一番ですが、
まずは自己処理という方に今回はVラインの自己処理方法を紹介します。

形や長さは?カミソリやハサミで処理をすればいいの?など

Vラインの自己処理方法を紹介します。

 

 

Vラインの自己処理方法と
それぞれのメリット・デメリット

ムダ毛を自己処理する場合は、
『カミソリ』
『電気カミソリ』
『脱毛ワックス』
『除毛クリーム』
という方法があります。

 

Vラインも同じ方法で処理することができます。

 

まずはそれぞれのVラインの処理方法と、
そのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

Vラインをカミソリで処理

ムダ毛の自己処理方法で一番一般的で手っ取り早くできるのがカミソリ

 

Vラインもカミソリで簡単に処理することができます。

 

カミソリでVラインを処理する際は、
肌への負担をできるだけ減らすために、
『シェービングクリーム』を塗って毛の流れに沿って剃るようにしましょう。

 

処理後はしっかりとボディクリームなどで保湿するようにしましょう。

 

 

カミソリのメリット

カミソリでVラインを処理する際のメリットは、
何と言っても簡単に処理できること。

 

カミソリは普段他の部位のムダ毛処理にも使っている人も多いと思います。

使いなれている分、簡単に手軽に処理することができます。

 

 

カミソリのデメリット

カミソリでVラインを処理する際のデメリットは、肌トラブル。

 

Vラインの毛は太く硬い毛で、肌も敏感な部分です。

 

カミソリでVラインを処理すると、
他のどの部位よりもチクチクして、
痒くなってしまうことがとても多いです。

 

またVラインをカミソリで処理し続けることによって、
黒ずみや埋もれ毛の原因にもなります。

 

一番手っ取り早く簡単な方法の反面、
肌トラブルや黒ずみなどの原因になりやすい処理方法になります。

 

 

 

Vラインを電気カミソリで処理

電気カミソリは比較的肌への負担が少ない処理方法。

 

カミソリ同様簡単に処理することができます。

 

電気カミソリでVラインを処理する場合も処理後はしっかり保湿するようにしましょう。

 

 

電気カミソリのメリット

電気カミソリでVラインを処理するメリットは、
簡単でカミソリより肌に優しいという点。

 

脱毛サロンなどでも脱毛前の前処理として、おすすめしているところも多いです。

 

簡単で肌への負担をなるべく少なくして処理することができる処理方法です。

 

 

電気カミソリのデメリット

電気カミソリでVラインを処理する際のデメリットは、
安価ものだと綺麗に処理ができないという点。

 

1,000円前後で購入することができる電気カミソリも多くありますが、
綺麗に根本まで処理できないものが多いです。

 

またカミソリ同様、
Vラインを電気カミソリで処理する場合もまた生えてくる毛がチクチクして痒いくなることが多いです。

 

Vラインを電気カミソリで処理する場合は、
1,000円前後で購入できるものではなく、
しっかりとしたものを使用する必要があります。

 

 

Vラインを脱毛ワックスで処理

脱毛ワックスは、
肌にワックスを塗りムダ毛ごと抜いて除毛する方法。

 

他の自己処理方法より綺麗にムダ毛処理をできるのが特徴です。

 

市販で販売しているところが少なく、
毛を抜くので一番痛い脱毛方法でもあります。

 

 

脱毛ワックスの使用方法は、

ワックスを毛の生えている方向と同じ向きに塗ります。

ストリップスというワックスを剥がす物を毛の流れに合わせて押さえてワックスとしっかりと密着させ、
周りの皮膚をしっかりとおさえ、
毛の流れと逆向きに勢いよく剥がします。

またVラインはサイドと中央で毛の流れが違うので、毛の流れを確認しましょう。

 

 

脱毛ワックスのメリット

脱毛ワックスのメリットは、
綺麗にVラインの毛を除毛することができること!

 

カミソリなどと比べるとムダ毛の復活が遅いのも特徴。

 

 

脱毛ワックスのデメリット

脱毛ワックスのデメリットは、
肌への負担が大きいこと。

 

毛を抜くことになるので肌への負担がとても大きい処理方法になります。

 

また自己処理方法の中では最も痛い方法にもなります。

 

市販で売っているところが多くはないので意外と手に入らないというデメリットもあります。

 

 

 

Vラインを除毛クリームで処理

ドラッグストアなどでも購入することができる「除毛クリーム」

 

除毛クリームは毛を溶かして除毛する方法になります。

 

除毛クリームはカミソリや脱毛ワックスと比べると比較的肌への負担が少ないのも特徴で、
敏感肌用の物も出ています。

 

ただVラインに除毛クリームを使う場合は、
必ずデリケートゾーンも使用可能なものにしましょう。

 

デリケートゾーンに使えないものは、
注意事項にデリケートゾーンNGと書いてあります。

 

必ず確認してデリケートゾーンでも使えるものを使用するようにしましょう。

 

除毛クリームの使い方はこちらの記事をチェック!

 

またVラインに使うときは、
ものによっては除毛クリームの液が垂れてきて、
除毛したくなかった毛についてしまい変になってしまうこともあるので液が垂れないように注意が必要です。

 

 

除毛クリームのメリット

Vラインに除毛クリームを使うメリットは、
カミソリより綺麗に除毛ができ、痛みがないこと。

 

肌に合わないなどがない限り、
除毛クリームはほぼ痛みはありません。

 

また毛が生えてきたときにカミソリよりもチクチク痒くなることが少ないのも特徴。

 

 

除毛クリームのデメリット

除毛クリームのデメリットは、
肌に合わず使えないときがあること。

 

Vラインに除毛クリームを使う場合は、
必ずデリケートゾーンでも使えるものを使用しましょう。

また毛を溶かす薬なので肌に合わない場合は肌トラブルの原因になってしまいます。

使用前は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

また除毛クリームの液が垂れてきたて、
処理したい場所以外にもついてしまい形が変になってしまうこともあるので、
液が除毛したくないとこについてしまわないように注意しましょう。

 

 

Vラインの自己処理の形はどうする?

Vラインを自己処理する際に、
Vラインの形はどうすればいいのか悩む人も少なくないと思います。

 

結論から言うと、
Vラインを自己処理する場合は最低限の場所だけにするのがおすすめです。

 

最低限の場所とは、
下着や水着を着たときにはみ出してしまうところ。

 

脱毛サロンだと、
Vラインを細くしたり、中心の面積を狭くしたりなど様々な方法ができますが、

Vラインの自己処理は肌トラブルや自分の思った形にできなかったなどリスクがあります。

 

また自己処理で、
面積を広くVラインを処理すると、
また生えてきたときとても見栄えが悪くなり、
チクチク痒くなる面積も大きくなるのでとても不快感があります。

 

もともとリスクがあるVラインの自己処理は、
形がどうのと言うより、
はみ出してしまう部分など最低限の処理に抑えるようにしましょう。

 

 

Vラインの毛の長さを短くするには?

Vラインの毛の長さを短くす場合は、
【ヒートカッター】か【すきバサミ】がおすすめ!

 

ハサミで切ってしまっても問題ないように思えますが、

Vラインの毛は硬く太い毛です。

 

ハサミで切ってしまうと毛の先が尖ってしまいチクチクして痛くなってしまいます。

 

ヒートカッターで処理をすると、
毛の先が丸くなるのでチクチク痛くなることはありません。

 

すきバサミも毛のボリュームを減らし、
長さを短くすることができ、
ハサミのようにチクチク痛くなることはありません。

 

すきバサミは100円ショップでも購入できるので、
気になる方は一度すきバサミで毛のボリューム、長さを整えてみましょう。

 

 

Vラインは脱毛サロンやクリニックがおすすめ

今回はVラインの自己処理方法を紹介しましたが、

Vラインはやはり、
脱毛サロンやクリニックにで脱毛するのが一番おすすめです。

 

Vラインの肌は敏感なところです。

 

何度も自己処理を繰り返すと、
肌トラブル、黒ずみ、かぶれの原因。
また毛が生えてきたときの気持ち悪さなどがあります。

 

デリケートな部分なのでやはりプロに任せるのがおすすめ。

 

脱毛サロンやクリックで脱毛すると、
自分の理想の形にもできます。

 

Vライン脱毛は、
キャンペーンで格安で脱毛できる店舗も多くあるので、
Vラインの脱毛に興味がある方は、一度調べてみましょう!

 

Vラインの自己処理まとめ

 

Vライン自己処理まとめ
✔︎カミソリは簡単に処理できるが、
肌トラブルやチクチク痒くなる原因に。
✔︎電気カミソリはカミソリより肌への負担が少ないが、安価なものだと綺麗に処理することができない。
✔︎脱毛ワックスは綺麗に処理することができるが、肌への負担が大きい。
✔︎除毛クリームは比較的肌への負担も少なく綺麗に処理できる。
必ずデリケートゾーンでも使用可能なものを使う。
✔︎Vラインを自己処理する際は、最低限の部分だけにしておく。
✔︎Vラインの毛の長さみを短くする場合は、
ハサミではなく「ヒートカッター」か「すきバサミ」を使う。
✔︎Vラインの処理は脱毛サロンかクリニックで脱毛するのが一番!
✔︎Vライン脱毛は格安のキャンペーンを行ってる店舗も多い。

 

 

その他の部位の自己処理方法

今回はVラインの自己処理方法を紹介しました。

その他の部位の自己処理方法などこちらの記事を参考に!

 

まとめ

今回はVラインの自己処理方法を紹介しました。

Vラインの自己処理方法は、
カミソリや電気カミソリ、脱毛ワックス、除毛クリームなど様々な方法がありますが、
それぞれメリットもデメリットもあります。

 

Vラインの肌は敏感で自己処理を何度も繰り返すと、
肌トラブルや黒ずみ、かぶれなどの原因にもなります。

 

Vラインのムダ毛を処理するのはやはり、
脱毛サロンやクリニックで脱毛をするのが一番です。

 

Vラインはキャンペーンで格安で脱毛できる店舗も多いので気になる方は一度検索してみましょう。

おすすめの記事