ムダ毛の自己処理とは?どんな意味?自己処理道具はどんなものがある?

ムダ毛が気になり処理しようと調べていると、
「自己処理」という言葉を目にすることがあると思います。

自己処理は危険、肌に良くないと目にすることが多くあります。

このムダ毛における自己処理とは何のことでどんな意味なのでしょうか?

また自己処理はどんな道具を使用することを言うのでしょうか?

今回はムダ毛における自己処理とは?を紹介します。

 

ムダ毛の自己処理とは?どんな意味?

ムダ毛の処理について調べていると、

「自己処理は肌に良くない」

「正しい自己処理の方法」

「自己処理は肌トラブルになる」

「自己処理は危険」

などなど自己処理という言葉を目にすることが多くあると思います。

 

このムダ毛の自己処理とはどんな意味なのでしょうか?

 

ムダ毛の自己処理とは簡単に言うと、

【自分でムダ毛を処理する】ことを言います。

 

カミソリでムダ毛を処理している人も多いと思いますが、

それも自己処理になります。

 

難しい日本語の表現のようなものもありますが、

自分でムダ毛を処理することを『自己処理』と呼ぶと覚えておきましょう。

 

 

自己処理の道具はどんなものがある?

ムダ毛の自己処理といえば、

カミソリを使っている人が多いと思います。

 

自己処理方法にはカミソリ以外にも様々な道具があり、様々な自己処理方法があります。

 

 

剃るタイプの自己処理
✔︎カミソリ
✔︎電気シェーバー(電気カミソリ)
カミソリはサッと簡単に処理することができるメリットがあり一番多くの人が行っている自己処理方法でもあります。
しかし、
次の毛が生えてくるのが早い、
カミソリ負けや肌への負担、傷や黒ずみの原因などのデメリットもあります。

 

 

抜くタイプの自己処理
✔︎毛抜き
✔︎脱毛ワックス
✔︎脱毛テープ
✔︎ローラー式脱毛器
毛を抜くタイプは名前の通り毛を抜いてしまう自己処理方法。
次に生えてくる毛がカミソリなどと比べて遅く綺麗に処理できるメリットがあります。
しかし、
痛みがある、毛穴が目立つ、埋没毛になりやすい、炎症や黒ずみの原因になるなど自己処理の中でも特にk肌へのダメージが大きい処理方法でもあります。

 

 

溶かす/脱色す自己処理方法
✔︎除毛クリーム
✔︎脱色剤
除毛クリームは毛を溶かして処理をする方法。
使い方も簡単で綺麗にムダ毛を処理することができ、カミソリや毛を抜くといった自己処理よりも肌への負担が少ない方法になります。
また脱色剤は、実際に毛を処理するのではなく、
毛の色を抜き目立たなくする方法。
腕の毛など比較的薄く広範囲のムダ毛に使うと効果的です。

 

 

家庭用脱毛器
✔︎フラッシュ式家庭用脱毛器
✔︎レーザー式家庭用脱毛器
家庭用脱毛器は、
脱毛サロンやクリニックで使われる脱毛器を家庭用でも使えるようにかなり弱くしたもになります。
使ったその場でムダ毛をなくすものではなく、
使い続けることでムダ毛を生えにくく、ムダ毛自体を減少させることができます。
上記で紹介した自己処理を続けるよりも肌への負担がなく、
最終的にはカミソリなどでムダ毛を処理する必要がなくなります。
しかし、自分でやるのでなかなかうまくできない、
脱毛器自体の値段が高いなどのデメリットもあります。

 

 

様々な部位の自己処理方法を紹介!

 

今回はムダ毛の自己処理とは何か?を紹介しました。

様々なムダ毛の自己処理方法やムダ毛に関する知識などを紹介している記事もたくさんあります!

ぜひ気になるものをチェックしてみてください!

 

 

まとめ

今回はムダ毛に関する、

自己処理とはどんな意味なのかを紹介しました。

自己処理とは、
自分でムダ毛の処理をすることを言います!

カミソリで剃る、
毛抜きで毛を抜く、
除毛クリームでムダ毛を処理するなど全て自己処理になります。

 

自己処理はお金をあまりかけずに、
自分で手軽にムダ毛を処理することができる大きなメリットがありますが、
肌への負担や肌のトラブルの原因にもなってしまうデメリットもあります。

 

やはり一番のおすすめは、
脱毛サロンやクリニックでプロに脱毛をしてもらうのが、
肌トラブルや自己処理の煩わしさがなくなるのでおすすめ!

 

この機会にぜひ、
脱毛サロンやクリニックなども少し調べてみてください!

おすすめの記事